座る姿勢をよくする方法は簡単!でもお尻のとんがりが痛いときは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長時間のデスクワークで首が痛くなったり、腰痛になったり。不調は出ていませんか?座る姿勢に問題があることも多いですよね。簡単に座る姿勢をよくする方法を調べてみました。

座る姿勢をよくする方法

骨盤を立てて座ること

座る姿勢をよくするだけで
首や肩の凝り、腰痛などが
防げるといわれています。

ではどんな方法が簡単なのでしょうか。
答えは「骨盤を立てて座る」
でした。

お尻のとんがりで支える

YouTubeの整体院の動画でも、
「骨盤を寝かせると腰痛、肩こりになる」
とおっしゃっていました。

座る姿勢をよくするのに

簡単な方法は、
お尻の後ろにある仙骨ではなく、

お尻の下にある
2点のとんがり(坐骨)で
座ること。

だそうです。

そうすれば、
背筋は伸びて、腕も軽く、
肩も前へ出ません。

背筋を伸ばしたまま
腰を曲げて
お尻をつきだすように
そーっと座ると
お尻の下にとんがり部分がきます。

しかし坐骨が痛いひとは

お尻の2点のとんがりは、

高齢になったり、
運動不足でお尻のお肉が落ちると
椅子に座ると痛くなります。

そのため当ブログでは

クッション性の高い
クッションや椅子を
ご紹介しているのですよね。

腰が痛いダウンタウンの浜田さんにバカリズムさんがプレゼントしたテレビ番組で話題のエクスジェルクッション。種類はいろいろありますが人気売れ筋のクッションの口コミをまとめてみました。これがあれば長時間のテレワークもらくちんで...

骨盤を立ててとんがりも包むクッションがあります

骨盤を立てて座るのって、

簡単ではあるのですが
長時間となると
すごく難しいですよね。

だんだん骨盤が後ろ倒れて
巻き肩になり、
背中と腰が丸くなり、

パソコン作業が終わる頃は
肩が首がバキバキになっている。

というのが普通です。

私は先日パソコンしている途中で

いきなり
腕が激痛に。

肘が曲がらなくなり、
箸も持てず歯磨きもできない
状況になりました。

「えーっ?!」
と驚きましたが

座る姿勢が悪いのが
ものすごく長時間
続いたことで

筋肉があちこち
固まったようでした。

仕方なく動かない激痛の腕を
一日シップして寝込んだあと、

2日間腕が曲がるようになる
までストレッチしました。

いろんなストレッチと
シップとヨガでなんとか
元に戻りましたが

座る姿勢って重要なのだと
あらためて
実感したのでした。

長時間のデスクワークでも
骨盤を立てるのを手伝ってくれながら
お尻のとんがりが痛くならないクッション・・・

と考えたとき
浮かんだのが

これ。

ハグカンフィプレミアム

これですわっ。

何年も
お尻の痛くならないクッションを
延々と書いていたからこそ
気づいた、
究極のクッション。
というわけでした。

中に入っているのは

ハグカンフィプレミアム

介護クッションや
医療ベッドでも
よくつかわれている
記憶形状ジェル。
「エクスジェル」。

ハグカンフィプレミアム

腰までエクスジェルで包み込む。 ハグカンフィプレミアム ¥44,000

デスクワークする方に
すごく売れてるのですが
理由がよくわかりますね。